アラフォー独身女性の特徴7つ!未婚率から見える真実とは?

結婚願望があるのにアラフォーで未だ独身。

もしかして、私には欠陥がある!?
なんで結婚できないんだろう?

周りの友人や同僚が次々結婚し既婚者になっていき、子育てや家庭の話、マイホームの話などをしていると自分だけ取り残されたような気持になり、焦りや不安が出てきますよね。

そこで今回は、アラフォー独身女性の特徴を解説!

日本のアラフォー未婚率から見える真実を考察します。

アラフォー独身女性の特徴7つ!

現代では女性の社会進出も進み、働く女性も増え30代で未婚・独身でもそんなに気にならない時代になってきました。

ドラマでもキャリアウーマンが活躍するものが増え、自立したかっこ良い女性が多く描かれています。

とはいえアラサーと言われる20代後半~30代前半で結婚する女性が多く、30代後半に入りアラフォーになってくると結婚適齢期も過ぎ、将来的なものが現実味をおびてきて「結婚」というキーワードが気になってきますよね。

※ちなみにアラフォーとは40歳前後の年齢の事で大体37歳~44歳位を指す事が多いです※

同じアラフォーでも結婚できた女性と結婚できなかった女性はどう違うのでしょうか。
どのような理由があるのでしょうか。

アラフォー独身女性には、本当に特徴と言われる共通点があるのでしょうか?

自ら独身貴族人生を選んでいるわけではないのに、なぜか結婚できないアラフォー独身女性について解説していきましょう。

ご縁がなかった

結婚は縁とタイミングです。自分の意志関係なくお見合いで決められた相手と自動的に結婚していた時代とは違い、ご縁に恵まれなければ結婚はできません。

アラフォー独身女性の最たる共通点は、「結婚したいと思える相手と出会えなかった」あるいは「結婚したい男性がいたけど結婚には至らなかった」という、ご縁のなさなのです。

結婚願望が薄い

結婚は縁が結ぶものではありますが、努力で周囲を取り巻く状況は変わります。

結婚難と言われる今、自分の人生設計の中に含まれる結婚を実現できる女性は、結婚願望が強く「必ず〇歳までに結婚する!」と、強い決意を元に行動しています。

そういった女性は自然な出会いがなかった場合、婚活サイトや結婚相談所に登録したり、合コンや婚活パーティなどに参加し積極的に出会いを求めています。

一方、アラフォーで独身を迎える女性は、「結婚したい」と言いつつ、実は結婚願望が薄いのが特徴です。

言葉と気持ちにギャップがあるため、「何が何でも結婚する!」という行動力がありません。
そのため、出会いも恋愛へのステップアップの機会も減ってしまいます。

一人の時間が楽・好き/実家暮らし

実は一人の時間が好きだったりします。
仕事や趣味に没頭し、休みの日は誰に気を遣う事なく、一人でのんびりしたりペットと楽しんだり…

結婚したいな。と思いつつ一人の生活が楽しく充実していて中々本腰を入れられないという状態です。

特に働いている女性であれば、収入も自由に使えます。
友人との遊びや、飲み、グルメ、またショッピングや旅行などお金も時間も気にせず楽しめますよね。

また実家暮らしを続けている女性も多いようです。

そうするとご飯は作ってもらったり、洗濯や掃除など家事は親がやってくれる事が多いです。
そのため、自分の事意外は何もしなくて良いので楽だったりします。

ついその生活に甘えてしまっている‥という方もいるのではないでしょうか。

理想が高すぎる

結婚相手に求める条件が高すぎるという場合もあります。
スペックの高い男性を求めすぎていないでしょうか。

・イケメン
・高身長
・お洒落
などの見た目や

・勤務先
・収入
・学歴
・家族構成
・優しさ
・頼りがいがあるか
など内面的なものまで理想の条件が高すぎる女性がいます。

また年齢を重ねれば重ねるほど周りは結婚していき、色々な夫婦を見る機会も増え自分も相手に求めるものが多くなってきていませんか?

このようなハイクラスの男性は人気があるため、既にお付き合いしている女性がいるか結婚しているかのどちらかです。

結婚相手に条件を持ちすぎているとどんどん結婚が遠くなっていきます。

特に女性は年齢が上がれば上がるほど結婚が難しくなります。
もし本当に結婚したいのであれば絶対に無理という条件以外は妥協してお付き合いをしていく事をおすすめします。

恋愛に奥手

アラフォー独身女性には恋愛に奥手なタイプが多いのも特徴です。

今時は草食男子、絶食男子が増えて、男性から積極的なアプローチを期待して待っているだけでは、交際という結婚のスタートラインにすら立てず、当然結婚もできません。

いつか自然に出会えると思っているかもしれませんが、自分から行動しないと中々良い出会いにはめぐり逢えません。

計算ができない

「アラフォーなのに結婚できない女性って、相当クセが強いんじゃないか?」なんて思うかもしれませんが、むしろ穏やかでのんびりとした性格が特徴です。

結婚に対して消極的な男性が増えているので、結婚するには女性から様々なアクションを起こす必要があります。

スペックの高い男性やエリート男性は当然人気が高いため、獲得するための策略も必要です。

結婚への意識が変わっている割に、男性の「女性は若い方が良い」という嗜好はそのままなので、女性としての自分の価値を計算した行動が求められます。

これらの計算ができない女性は、「独身生活をもっと楽しみたい!」「結婚したいけど、いつか素敵な出会いがあるはず」「まだ子供は欲しくない」と、若さが武器になる貴重な時間を結婚以外に費やします。

基本的にのんきなのです。

そして、気付いたらアラフォー。

いよいよ婚活に本腰を入れても、20代後半あたりから結婚するため真剣に努力している女性に、のんきなアラフォー女性が勝てるはずありません。

まして良い男性は既に結婚してしまっているというパーターンが多いのです。

こだわりが強い /頑固

結婚はタイミングも重要です。時には「流されてもいいや」という勢いが必要です。

「私はこんな結婚がしたい!」「これをしないと結婚できない!」というこだわりが強いと、結婚に踏み切れません。

本気で婚活を始めても、こだわりが強いと男性の小さなところが気になって、深く知る前に切り捨ててしまい、婚活地獄に陥りやすくなります。

特にアラフォー独身女性は、「ここまできたら、絶対理想通りの結婚相手を見つけてやる!」と、ますますこだわりを強くしていくのが特徴で、まずます結婚を困難にしてしまうのが特徴です。

特に長い間一人で頑張ってきたので自分の考えなどを他人に合わせたり、アドバイスを受け入れるという事が難しく自分の考えを突き通すという傾向があります。

もし当てはまるものがあれば一度自分のこだわりを見つめ直し考え方を変えてみましょう。

アラフォー独身女性の未婚率は〇%!

アラフォー独身女性は結婚問題を自らこじらせやすい特徴があるものの、決定的な欠点があるわけではありません。

そもそも、アラフォー独身女性はそこまで珍しい存在ではないのです。

平成27年国税調査では、年代別男女別未婚率の統計があり、以下のような結果になっています。

以下引用

未婚女性の割合(平成27年)

25~29歳:61.3%

30~34歳:34.6%

35~39歳:23.9%

40~44歳:19.3%

40~49歳:16.1%

未婚男性の割合(平成27年)

25~29歳:72.7%

30~34歳:47.1%

35~39歳:35.0%

40~44歳:30.0%

40~49歳:25.9%

出典:平成27年国税調査「人口等基本集計結果」結果の概要

今の日本はアラフォー女性の約5人に1人、アラフォー男性の約3人に1人が独身なのです。
この結果から、アラフォー独身だからといって、際立った特徴があるわけではないと考察できます。
前述した通り、「たまたま結婚のご縁に恵まれずアラフォーになってしまった」というのが真実なのでしょう。

アラフォー独身女性の特徴なんて気にする必要なし!

アラフォー-独身-女性-特徴



日本の結婚事情はめまぐるしく変わっています。

もし自分が思う幸せの中に「結婚」が含まれているなら、今までの自分を見つめ直し改善すべきところがあれば改善しましょう。
また結婚するために具体的な行動を起こす必要があるでしょう。

「もうアラフォーだし‥」と諦めずに積極的に行動しましょう。

中々出会いがないのであれば友人や同僚に紹介してもらったり、合コン・婚活パーティに参加して出会いを求めるのも良いでしょう。

また現在は婚活サイトも多数あるので登録してみたり、成婚率の高い結婚相談所に相談するのもおすすめです。
男性側も最初から結婚相手を探して登録しているので効率良く婚活ができます。

現代では男女ともに初婚年齢があがっています。
女性だけではなくアラフォーの独身男性も増えていますので、同年代の方と素敵な出会いがある可能性があるかもしれません。

ただ結婚が全てではありません。

中には、過去の価値観に縛られて「アラフォーなのに結婚しないなんて」と冷たい視線を向けてくる人もいるでしょう。

だからと言って、あなたが肩身の狭い思いをしないで良いんですよ。
「結婚しない女性はダメな存在なの?」と卑屈にならなくて良いんです。

今は個人の自由が尊重される時代です。

大切なのはあなたが「私は幸せ!」と思いながら生きる事。
今の自分を受け入れて趣味や仕事を楽しんだり、自分を磨いたりして素敵な女性になれば周りの状況も変わるはず。

あなたらしく、毎日を楽しく生きてくださいね!

writer:kikitadesu