婚活で女性が求める年収とは?年収以外でも大切にしたいポイントと出会いの方法

婚活をする上で女性が最も重要視する1つにあげられるのが男性の経済力・年収です。
当然ですが結婚して安定的な生活を送る事や、子育てをする上で男性の収入は重要になります。
では一般的に婚活している女性が男性に求める年収の目安はどの位なのでしょうか。

婚活を始めたばかりの女性は年収に関してどうしても高望みしてしまう傾向にあります。

今回は現在の日本の男性の年収平均や、婚活する上で年収以外に大切な事などをお伝えしていきます。

※年収とは、給料の税金や社会保険料を引かれる前の「総支給額」を指します。
税金や社会保険料を引いた後の金額を手取り年収と言います。

_____________________________________________

<目次>
1:婚活で女性が男性に求める年収額
2:日本の男女別平均年収(※年代別)と地域別平均年収
3:年収の高い男性と出会うには
・婚活サービスを利用する
・自分磨き
4:婚活で年収以外に大切にするべき事
・将来のビジョンや方向性が一致するかどうか
・男性の仕事に対する姿勢
・価値観が合うかどうか
・金銭感覚
5:まとめ
______________________________________________

【婚活で女性が男性に求める年収額】

婚活サービスを展開するIBJによる調査の結果、年収500万円以上から男性へのお見合いの申し込みが増える事が分かりました。

一般的なボーダーラインの希望年収は500万円程のようですが、モテ年収とも言われる希望年収は800万円程になるようです。

大手マッチングアプリの調査によると最低年収400万円以上という女性が多いようですが、IBJの調査によると年収以外の条件が同じだった場合、年収800万円の男性は年収400万円の男性と比べると数倍のお見合いの申し込みがあるようです。
高年収の男性の方が、低年収の男性よりも女性に人気があるのがデータを見ても良く分かります。

では実際の日本の男性の平均年収はどの位なのでしょうか。

【日本の男女別平均年収(※年代別)と地域別年収】

現在の日本の男女合計の平均年収は433万円・賞与平均は65万円となっています。
男女別にみると、男性が532万円(平均年齢:45.9歳)、女性が293万円となっていますがこちらの年収は年齢の幅も広く、全ての地域が含めれているため、下記では地域別・年齢別の年収をご紹介します。

◎地域別の平均年収
・東京:620万円
・神奈川:560万円
・大阪:541万円
・愛知:544万円
・京都:489万円  
(※令和元年 厚生労働省 賃金構造基本統計調査より)

となっており地域によっても大きな差がある事が分かります。  
東京が断トツに1位となっており地方になるほど年収は低くなります。

◎男女の年齢別の平均年収
25~29歳 男性:393万円 女性:319万円
30~34歳 男性:458万円 女性:309万円
35~39歳 男性:518万円 女性:311万円  
(※令和2年国税庁調査より)  

結婚適齢期である20代後半~30代前半の男性の平均年収は、393~458万円となっていますので現実は500万円に届かない人も多くいるのが分かります。  

※40代の男性の平均年収は539~601万円となっています。(※doda平均年収ランキングより) 

また転職情報サイトdodaのデータによると
◎30代の年収金額の割合は
・300万円未満:15.7%
・300~400万円未満:28.3%
・400~500万円未満:24.7%
・500~600万円未満:15.1%
・600~700万円未満:8.2%
・700~800万円未満:3.7%
・800~900万円未満:2.0%
・900~1000万円未満:1.4%
・1000万円以上:0.9%   
(※doda平均年収ランキングより)

となっています。

年収1000万円を超えるのは経営者であったり、医者や弁護士、金融系専門職(投資関連)、大手マスコミ関連などほんの一部の男性となるでしょう。

【年収の高い男性と出会うには】

では年収の高い男性とはどのようにすれば出会えるのでしょうか?

待ってるだけでは出会いはありませんので積極的に出会いの場に参加したり、出会えた時の為に自分磨きをしておく事が重要となります。

特に上記でお伝えしたように、結婚適齢期の20代後半~30代で基本的なボーダーラインとなる500万円以上をもらっている男性は多くはないので、年収の高い男性を希望する場合は自分自身も魅力がある女性でいなければなりません。

————————————————
【年収の高い男性と出会うには】
婚活サービスを利用する
自分磨き
————————————————

■婚活サービスを利用する

男女の出会いの場としては、職場や飲み会・合コン・街コン・社会人サークル・友人の紹介・SNSなどがありますが年収が高いかどうかは会ってみないと分からないですよね。

もし年収だけを条件に探すのであれば下記の方法があります。

マッチングアプリ
婚活サイト
婚活パーティ
結婚相談所

マッチングアプリ
「出会い」を目的とした男女が登録しており年齢や趣味・年収など希望の条件から相手を探す事ができます。
「婚活マッチングアプリ」など婚活専用のマッチングアプリも多くあり、近年では証明書の提出が必須になっていたりと安全なサイトも増えてきています。
料金は女性が無料の事が殆どなので、気軽に登録できるというメリットもあります。 現在マッチングアプリは多くの男女が活用しているため、普段出会えないような異性とも繋がれるチャンスがあります。
お金もあまりかからず空いた時間にできるので忙しい社会人にはお勧めですが、インターネットで気軽に相手を探せる事から、婚活目的だけでない方や収入証明が要らないアプリでは年収も実際と違う場合があります。
信頼できるアプリを選ぶようにしましょう。  

婚活サイト
婚活している男女が登録しているサイトです。
会員登録後プロフィール作成をし、気になる異性がいたらメッセージでやり取りをして実際に会う流れとなります。
婚活を真剣に考えている人が殆どなので、合うようであれば結婚を前提にスムーズに交際に発展する事ができます。
料金に関しては比較的リーズナブルになっており月額で3000~4000円の所が多くなります。
男女共に料金はかかりますがサイトによっては女性は無料の所もあります。
空いた時間にできるので、効率良く自分のペースで婚活したい、お金はあまりかけたくないという人にはお勧めです。

婚活パーティー
婚活パーティは結婚したいと思っている男女が参加するパーティになりますので、なるべく早めに結婚相手を見つけたい場合は婚活パーティーもおススメです。
東京エリアなど地域別であったり、年齢別・趣味別のパーティーなど様々な種類があります。
もし本格的に結婚を考えていて、年収や職業などにもこだわるようであれば、 ハイクラス・ハイステータスな男性と出会える婚活パーティーなどもあります。
参加費は種類にもよりますが安いパーティーでは、1000円程度で参加できるものもあります。
料金設定としては男性が3000~7000円、女性が1000~5000円程度が平均となっています。
人数としては大体10~30人位が多くなっていますが、もっと少ない小規模のものや30人以上という大規模のところもあるので参加する時は人数も参考にして選ぶようにしましょう。

結婚相談所
専任のアドバイザーがつき、婚活のサポートをしてくれます。
結婚相談所は有料のサービスとなっており、入会金や月額の費用、成婚した時に支払う費用もあります。
また、住民票や身分証明書、最終学歴証明書、収入証明書などの書類提出もあり、このように高い金額や手続きが必要となるので気軽に登録するという人は殆どいません。
真剣に結婚したいという人だけが利用しており、年齢や年収・職業・趣味など希望条件に絞って異性を紹介してくれるため、 効率良く婚活ができるというメリットがあります。
普段の生活の中では中々出会えませんが、結婚相談所では年収の高い男性と出会う事ができます。
仲介型の結婚相談所であれば婚活のプロのカウンセラーがおり、カウンセリング~成婚までしっかりフォローしてくれます。
婚活をしていると不安や悩みも多く出てきますが、カウンセラーの方に相談しながら婚活をすすめていく事ができるので1人での婚活が上手くいかなかった方もスムーズにすすめていく事ができるでしょう。
金額としては結婚相談所やコースによって大きく変わります。
入会金は5~20万円程度の所が多く、月額の費用は1~3万円が相場となり成婚料は5~30万程になります。
その他に結婚相談所によって、お見合い料金がかかるところやオプションのサービスによってかかってくる事もありますので事前に確認しておきましょう。
金額はかかりますが、早めに希望条件の男性と出会いたいという人にはおすすめです。

■自分磨き

次に大切なのが自分磨きです。
せっかく理想の男性と出会えても恋愛に発展しなければ結婚できません。
いつ出会いがあるか分からないので常に自分磨きをしておきましょう。

男性が女性を見るポイントは以下になります。

容姿:笑顔・女性らしい・清潔感
第一印象はとても大切です。
容姿端麗でなくても笑顔が素敵なだけで相手に安心感や好印象を与えます。
単に顔が可愛い・美人というだけでなく、仕草や表情が可愛かったり女性らしいというのも重要です。
そして次に大切なのが清潔感。
髪の毛やメイクが崩れてきていたり汚れていたりというのは完全にNGであり、派手なメイクや髪形もあまり印象が良くありません。
「容姿はどうしようもないのでは…」と思ってしまった方も、自分の努力次第で変わる事ができます。
美肌やスタイルが良いだけでも充分に魅力的ですので、ダイエットやメイク、ファッションセンスを磨くなど高い美意識を常に持って自分磨きをしましょう◎
結婚となると一生の事です。
いつまでたっても美意識を持って努力している姿は魅力的ですし、男性もずっと長く一緒にいたいと思うはずです。
外見に気を遣わなかったり、だらしない面が見えてしまうと男性は冷めてしまい結婚は無理かも‥と感じてしまうかもしれません。
笑顔が素敵な人は内面が素敵な方が多いので、内面からしっかり自分を磨きましょう。

家庭的:料理・掃除など家事が得意
家事全般一通りできる、料理が上手というのはポイントが高いでしょう。
「結婚したければ男性の胃袋を掴め」と昔からよく言われていましたが、結婚生活を送る上で食事は欠かせませんよね。
年収の高い男性は忙しい方が多いので、家庭的で家の事を任せられる人であれば結婚したいと思うでしょう。

優しく思いやりがある
自分の話ばかりではなくちゃんと話を聞いてくれたり、行動で優しさや思いやりを感じられる事も重要です。
男性は女性に癒しを求める傾向があるので、安心感を与えてくれる女性と結婚したいと感じます。
自分だけではなく、彼女の同僚や友人、家族など周りの人にも優しく思いやりがあるというのが重要です。
誰に対しても隔たりなく接する事ができるという人間性は、信頼できずっと一緒にいたいと思うきっかけになります。

礼儀正しい/社交的
相手の目を見てきちんと挨拶ができたり、言葉遣いがキレイなど礼儀正しい女性は人として信頼ができます。
友人や家族・会社関係の人にも安心して紹介できるでしょう。
逆を考えると、常にタメ口であったり挨拶もできない女性だと、友人や家族・職場の人に紹介しにくいですよね。常識を持ち、礼儀正しさを兼ね備えた社会人としての基本的なマナーは必須となります。
また誰に対しても社交的な女性であれば結婚後の自分の家族や親せきとの関係も安心できますよね。

男性を立てる
草食系男子が増えてきていたり、女性の社会進出が増えている影響もあり女性が男性を立てるという状況が減ってきている気がします。
男女平等が叫ばれる現代ですが、男性からすると「男性を立てる」ことのできる女性は喜ばれます。

自立している/人として尊敬できる
男性は「趣味は彼氏と遊ぶ事」といったような彼氏に依存している人よりも、仕事や趣味があったり精神的に自立している女性に魅力を感じます。
基本的に男性は依存されたり、束縛される事を嫌います。
仕事を頑張っていたり、何か目標を持って取り組んでいたり、男性にはない才能を持っていたりすると人として尊敬できると感じます。
結婚は長い人生を一緒に過ごしていくので、しっかりと自立し尊敬できる女性であれば男性も安心して結婚したいと思います。
現在の日本では物価の高騰や、将来的に子供を養育費がかかる事などから共働きの家庭が増えています。
パートなどでも良いので仕事を持っている女性であれば、有利になるケースが多く将来的な面を考えても結婚への可能性が上がるかもしれません。
また自立していると男性の仕事や趣味も理解してくれます。
男性が仕事や趣味の時間を優先すると、怒ってしまったり寂しがる女性も多い中、そいうった時間を理解して束縛しない女性であれば安心して一生一緒にいたい、結婚したいと思ってもらえるでしょう。

◎全ては難しいかもしれませんが、自分磨きをする事で理想の男性と近づくチャンスは増えます。
少しづつでも良いので内面からも努力してみましょう。

【婚活で年収以外に大切にするべき事】

結婚は一生です。
確かに安定した生活を考えると年収がとても重要ですが、それだけでは結婚生活を継続するのが難しくなります。
続けて収入面以外に大切なポイントはどんな事なのでしょうか。

————————————————
将来のビジョンや方向性が一致するかどうか
男性の仕事に対する姿勢
金銭感覚
価値観が合うかどうか
————————————————

①将来のビジョンや方向性が一致するかどうか

いくら年収が良くても将来的な人生設計が同じでないと、結婚生活を継続していくのが難しくなります。
例えば
将来的に子供は欲しいのか。
マイホームを持ちたいのか。
共働きするのか。
それぞれの親の事はどうするのか。 等

将来的にどのような生活を送るかによっても、男性の収入や自分の収入面も大きく変わってきます。
勿論男性が高収入であれば助かりますが、 今は共働きの夫婦が多いので2人合わせての年収がある程度あれば問題がない事も多くなります。
結婚した場合、彼が女性にどのように働いてもらいたいのか、共働きを希望しているのか、それとも専業主婦でOKなのか。
また、家庭との両立や分担はどうするのかなども聞けると良いですね。

②男性の仕事に対する姿勢

男性の仕事や、仕事に対する考え方・ポテンシャルなどを事前に確認しておきましょう。
前述したように、婚活市場ではハイクラス・エリートに特化した婚活パーティや結婚相談所があるくらい収入面や仕事面のハイスペックな男性を求める女性は多いです。

 1つの所で長く働いてキャリアを積んでいけるタイプなのか、それとも転職の頻度が多いのかなどきちんと見極めておくべきです。
職種によって異なるとは思いますが、 転職すると最初は給与が下がってしまう事が殆どです。
結婚後も転職が多い、また次の仕事が中々決まらない‥なんて事があったら困りますよね。
1つの所で長く働いていけるようであれば、例え現在の年収が高くなくても上がっていく可能性があります。

③金銭感覚

 結婚相手がお金にルーズだととても大変です。
年収が高くてもお金にルーズで貯金が殆ど無い男性と、年収はさほど高くなくても堅実で貯金がある男性とどちらか良いでしょうか。
価値観などが合っていても、もし貯金が全くなかったら結婚は難しくなりますよね。

結婚する上でお金は切っても切れない問題です。
まず結婚する際には、両家顔合わせ・結納・婚約指輪、結婚指輪・結婚式、披露宴、二次会・新婚旅行などに費用がかかります。
そして結婚後の生活でも新居・家具家電の準備、将来的に出産・育児・マイホームなどお金がとてもかかります。
その他にも2人で生活していく上で何にお金をかけるのか重要になってきます。
2人の金銭感覚が合わないと喧嘩になる事も増えてくるでしょう。
つい年収が気になってしまいがちですが、貯金も同じ位大切です。
例えば、現時点で年収が良くても、経済や会社の経営状況によって変わってしまう事もありますし、もしかしたら結婚後に転職をして年収が下がってしまうかもしれません。
日々の生活費や、子供ができれば出産費用、教育費用、またマイホーム購入など月々の給料だけでは足りなくなってくる事もありますので結婚前の貯金はとても大切になってきます。

年収も気になるところですが、貯金ができる男性であるかどうかというのはとても重要です。
「貯金がしっかりできているかどうか」で男性の金銭感覚や性格なども分かりますよね。

おそらく貯金がちゃんとできている男性は
・お金の管理ができる
・ギャンブルをしない
・無駄使いをしない
・浪費癖が無い
などしっかり将来を考えられる男性が多いでしょう。

※年代によっても変わってきますが、就職して安定して収入が得られるようになったり、キャリアアップや役職について給与も上がってくるアラサー・アラフォー世代で殆ど貯金がない場合は結婚相手としては難しいかもしれません。

④価値観が合うかどうか

価値観が合うというのも大切です。
一緒にいて、楽しいと思えたり、落ち着くと感じたり価値観が一緒だと男性はこのまま結婚したいと感じるようです。
付き合っている間も価値観が合わないと喧嘩になったり、上手くいかなくなってしまう事が多いと思いますが結婚となると一生の事。
結婚生活は、休日の過ごし方・食事・仕事・お互いの親の問題・マイホームから育児や教育など色々な事を共にしてきます。
価値観や生活のレベルが合わないと結婚生活が難しくなってきます。
とはいえ価値観は人それぞれで、全く同じ人間なんていません。
大きな価値観の違いがなければ、お互い理解し譲り合いながら上手く付き合っていくことが大切です。
都度きちんと話し合い解決できる関係であれば大丈夫でしょう。

【まとめ】

婚活における年収事情に関してお伝えしました。
女性が婚活で求める一般的な平均的な年収は500万円以上である事が分かりましたが、男性の年収は年齢や住んでいる地域・職種によって大きく変わりますので、事前にしっかり確認しましょう。
結婚する上で収入面はとても大切ですが、年収ばかりに目を向けてしまうと失敗してしまう事もあります。

それ以外に確認すべき項目もお伝えしましたので是非参考にしてみて下さいね。